Life-Work or Rice-Work?

管理本部
天野 優
2022-10-17

皆さま、いつもありがとうございます。

先日、家の近所にあるお気に入りのラーメン屋さんにいったところ、『休業』となっていました。

張り紙をみると、

・コロナウィルス感染各隊の影響の為

・従業員の相次ぐ退職に基づく人員不足

とのこと。

この時代に企業として組織として生き残っていくのは大変だよなぁと思いつつ、楽しみにしていた分、がっかりしながら、その日はインスタントラーメンを食べることにしました。

さて、最近読んだ本の中で、久しぶりにライフワーク(Life-Work)と、ライスワーク(Rice-Work)という言葉を見かけました。ご存じですか?

簡単に説明すると、

・ライスワーク

→生活するため食べるためにする仕事

・ライフワーク

→自分の使命として一生付き合う仕事

という意味になるのですが、

皆様のお仕事はどちらでしょう?

働かないとご飯も食べれないし、生活できない

一方で、一生付き合う仕事でもあるよなぁ

なのでどちらかひとつに選べない!と思ってしまいます。

そのあと書かれていた、

ライスワークでは「やりがい」を、ライフワークでは「生きがい」を

僕はこの言葉にしっくりきました。

僕の仕事は、演劇を通じた教育に関するノウハウや国内外のネットワークを活かして社会貢献を目指すこと。

そして子供達にとって、よりよい教育環境を作ること。

これを自分の仕事、というより、もはや使命だと思っているので、やりがい、というより、生きがいに、、すなわちYTJの活動がライフワークになっているのだと改めて認識することができました。

いろんな働き方や、仕事との向き合い方があるとは思いますが、歳をとっても変わらないのは「生きがい」ですよね。

YTJスタッフの皆様も個々、様々な活動がある中で、生きがいだと感じるものに出会い、人生を謳歌してほしいなと思った次第です。

長くなりましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

引き続き、どうぞよろしくお願いします!